迫真セ・ランチ部

ランチは昼飯だけじゃない(迷言)

思うこと

なんか朝起きて歯医者に行ってTwitter開いたら僕がキャラネガに対しての苦言をツイートをしたやつが物議を醸していたのでここで考えを吐かせていただきます

 

 

  1. キャラネガってまず悪いことなのだろうか
    ぶっちゃけそんな風に思ったことはありません。どんなキャラでも使っていればちょっとした不平不満は出るでしょう。実際現在ロイクロムをメインとして使っていますが、ガードを徹底されるとバーストが難しくなる点や復帰力に少し難があるといったことは感じます。
    ただこれってプレイヤーの努力次第でどうにでもなるんですよね。ガードを徹底されるならガードを躊躇させる展開や、着地狩りでバーストまで追い込む。復帰面もジャンプや回避のタイミングをずらして狩られないことを徹底する。某金色のロイ使いの無数ともいえる攻めのパターン、某クラウド使いの弟であり全一とも名高いクロム使いの安定性。全て前述した弱みを感じさせない努力の結晶だと思います
    ただ本当にシステム的に欠陥としか言いようがないキャラもいます。身内に隆使いが多いので隆を例にしますが、灼熱波動拳がトレモでぼったちのピカチュウにすらすっぽ抜けてガードが間に合ったり(カービィが使うとしっかり当たる。かわいそう)クッパに対して小足をすると二回目は股抜けして昇竜が入らなかったり、パックマンに至っては被弾姿勢が悪すぎて小足昇竜が確る確らないではなく当たらない(ケンも該当?)と、コンセプトを全面的に否定された結果もうそれケンでよくね?となった悲しいキャラです。これは余談ですが、対戦経験がある身内の現隆使い知ってる限り全員ロイとテリーが使えてゲロ強いのなんなんですの?(メジロ並感)


  2. じゃあなにが気にくわなかったのか
    1.の後者の方はガチでかわいそうなのでなんとも思わないんですよね。前作ロイの根本があまりにも小さすぎて剣士キャラとしてのコンセプトが破綻していたり、DXカービィのような投げが下投げ以外全てジャンプで抜けられるとかいうシステム的に欠陥があってそれを補うような性能もないキャラは、前作ロイはともかくDXカービィは努力ではカバーしきれないところが生まれることがありますから

    ただ1.の前者はどうでしょう?全キャラを相手にする際に共通している弱点ならそれを感じさせない動きを研究すれば補えますし、逆に強みを押し付ければどんなに相性が厳しくとも互角以上の戦いをすることは可能になります(スティーブマック?知らないカードですね...)
    それを対戦中や待機中に「いやこのキャラよわいから」で片づけてみましょう。それ、誰の為になりますか?自分?他人?誰の為にもなりませんよね。自身には今までの対策や努力を無駄にして、勝った時には謎の愉悦感、負けた時には一瞬の現実逃避に使える言い訳。相手には「じゃあなんで弱いと思ってるキャラで真剣勝負してくるんだよ」と思わせると言った不快感しか生まれてません。強くなるための糧どころかただの信頼関係の破壊にしかなってないんですよ

    ネガッてる使い手も努力してる?当たり前じゃないですか。そのキャラを使っていくと決めた以上、長所と短所はいやでも共存します。コンボだって最初からできるものではないんですよ。弱空後だってあれできないからロイクロムやめたって人がいるくらいには慣れるまで難しいですし、何度も何度も復帰阻止されては悔しい思いをしてまたトレモで研究してを繰り返すんです。その過程も踏まずにキャラをネガる輩がいるなら単純にそのキャラ向いてないだけなのでやめた方がいいですよ。ぼくはそれに気づいてシークとマリオを諦めました



  3. 結論
    総括するならキャラネガをするにも時と場合と言葉を考えろってことです。対戦相手の目の前で言うなんて言語道断。せめて「こういった弱みもある」といったアドバイスをするような感じにすればいいんじゃないんですかね。超強化前ケンにあった「ケンよわコンサルタント」てアカウントが正にこれです。見てて面白かったですし、強みもしっかり解説してくれたのでとても参考になった記憶があります
    ネガ自体自分自身でキャラの弱いところを纏めることで、今後の課題がみつかることも多いので決して悪いことではないんです。ただそのやり方を間違えたり、おもんないネタを何度もこすり続けるとそれはもう「こんなキャラにすら勝てないんですか??????wwwwww」といった煽りや挑発と言った不特定多数を不快にさせる害にしかならないってことを伝えたかった。ただそれだけです
























    追記:オグリは俺の娘とか言ってましたが、それだと完全に浮気になるので養子ということで落ち着きました(怪文書)